萬葉日記

東京でひっそり暮らす独女OLの、旅行、ニチアサ、小説、アニメ、Dear Girl Storiesなどの感想やレポもどきや日々の記録です。

2008年04月

ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版 ◆第1回に引き続き、見てしまいました。
1時間、短かったわ〜。

川藤先生は相当暑っ苦しいのに、佐藤隆太くんのキャラクタが明るいせいか、クサい台詞も押し付けがましくなくて素直に見られるのがいいですね。
先生、人の話まるで聞いてないけど。答え聞こうよw

◆今回は佐藤健くんがいっぱい映っていたので、ファン的に第一回より満足です。びっくり顔満載。
声が優しい感じなので、しゃべるたびに、可愛い不良だなあ。と微笑ましくなりつつ。
ドレッドヘアの前髪を、ラスタカラーのゴムでくくっていましたね。個人的にはヘアピンで留めてる方がスキ。キュートなんだもん♪

続きを読む

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事 [Blu-ray] ◆祝「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」公開!

先週、ようやく観て来ましたよー。
二度目の映画も、いかにも電王らしい、ファンサービスてんこ盛りのはちゃめちゃで楽しい作品になりました。


◆これ以上ないぐらい美しいラストを迎えた本編。
それがまた映画になるなんて、いったいどうつなげるんだろう?
と思いきや、デンライナーが「デンライナー署」となり、良太郎やタロスたちがなぜか刑事として悪者を追うという、本編とはまったく関係ない設定じゃありませんか。

しかも、どうして刑事なのかという説明もまったく無いという不親切さなのに、いざ始まってスクリーンに懐かしいメンバーが登場すれば、そんなことどーでもいーじゃん!いーじゃん!ポリスメン!と思えてしまうのが凄い。
多少の無理もキャラクターの魅力でカバーしてしまえるところは、さすが電王と言わざるを得ません。

映画を観ながら、「この展開はちょっとどうなの」と思いかけ、「あ、これって子供向けなんだっけ」と思い出すこと数回。だって夜8時からの回に行ったから、大きいお友達しか周りにいなかったんだもん。

キバの存在感が少々薄くて気の毒ではありました。
例年ならこの時期はもう新ライダー一色のはずなのに、電王がこれだけ人気あると、東映やスポンサー的には複雑な気持ちなのかな〜と思ったり…

以下、映画のネタバレでーす。
続きを読む

ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版 ◆連続ドラマ苦手なのに。
2時間も(初回スペシャルだったので)。
佐藤健くん目当てで(==*
#「仮面ライダー電王」の主役やってた子

そしたら、意外と面白くて、安心しました。だって少しでもいい作品に出てもらいたいじゃない?
漫画のドラマ化って安易な気がして、個人的にあまりイメージ良くないし。
でも、生徒たちの演技もいい感じで、来週も見てもいいかなぁって思っちゃったわ。
木更津キャッツのマスターが先生役とは、時代の流れを感じるなぁ。

しかし、ドラマに出てくる不良高校生って、いい子ばっかりだよねぇw
一番のワルらしい新庄君は超ロマンティストだし、初回から、目真っ赤にして大泣きしてたぞ。
不良なはずの野球部の面々が河原でキャッキャキャッキャと水遊び始めた時は、昭和の青春かよと。そんなこと、普通の高校生でもやらない…

◆健くん、出番は少なかったけど、可愛かった〜♪
良太郎の時は役柄的にダサい服装ばかりだったので(そこがまた可愛かったんですけど)、ようやくおしゃれ(たぶん)ができてよかったねぇ。と思いました。
怪我して倒れた子のところにさっと駆けつけたり、ベッドの脇で見守っているシーンでは、「仲間思いの優しい子だねぇ(´ー`*」とか… すっかりハハの目に。
#モモタロスたちが食堂車のTVの前に座り込んでドラマを真剣に見ながらぎゃーぎゃー言ってるところを想像してしまった。ごめん、妄想です

そのうちもっと活躍してくれると信じて、しばらく見続けてみようかな〜。
ぜひ、得意のブレイクダンスも披露してほしい!

TBS「ROOKIES」公式webサイト

Double-Action CLIMAX form ジャケットF(5イマジン) ◆皆さんもう見ましたよね?
「Double-Action CLIMAX form」のpv。

avexのサイトで冒頭部分を試聴(?)してからというもの、発売日が待ち遠しくてたまりませんでした。
そして4/16、ようやくpv全編を見て…


とりあえず、笑った。


ウラ!ウラが!!
ウラの腰が、大変なことにwwwww

もうそういうキャラで決定なんでしょうか。番組終わっちゃったから修正ききませんよ?
腹抱えて笑えたんで、個人的にはオッケーですが。



 ↓ 以下、「Double-Action CLIMAX form」pvのネタバレです。

続きを読む

↑このページのトップヘ