萬葉日記

東京でひっそり暮らす独女OLの、旅行、ニチアサ、小説、アニメ、Dear Girl Storiesなどの感想やレポもどきや日々の記録です。

2008年12月

◆12月上旬のこと。お友達の日本舞踊発表会を見に行ってきました。
わたくし、大学生の頃に歌舞伎にハマったので、歌舞伎俳優の舞踊は何度か見たことがありますが、女性の踊りを見るのは初めてなのです。

会場は、水天宮にある日本橋公会堂4階、日本橋劇場
小さいながらも、スッポンのついた花道もあって、立派な造り。きれいなホールです。

◆お友達は「明治時代の既婚女性の服装」での踊り。
丸髷というのですかね、日本髪に、三つ紋の入った深緑の色無地、金糸の帯のお太鼓。ぐっと色を抑えたシンプルな衣装は上品できりりとしていて、武家の若奥様といった雰囲気でした。
ふだんの活発で食いしん坊wなお友達からは一転、扇をたくみに操りながらおしとやかに踊っていましたよ(^^)

◆日本舞踊の発表会は初めてでしたが、豪華なものですね〜。
ひとりひとり背景の絵を変えるのは当たり前で、それがいちいちクオリティ高い!
「吉野山」なら見渡す限りの春の山に天井から桜が下がり、「傾城」ものなら立派な大見世(のれんはやっぱり「三浦屋」なのだなあ)の店先が作られるといったあんばい。
衣装も凄かったです。生で見ちゃったよ、花魁道中。
#あれ?「三浦屋」は遊女屋だから、そこに花魁道中が到着するってシチュエーションは変かも??…まぁ、いっか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

国立科学博物館・特別展入り口
「今日の光るきのこくん」の光ってる指数は75%でした

もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)◆上野の国立科学博物館で開催されている特別展、「菌類のふしぎ 〜きのことカビと仲間たち〜」を、11月末に見てきました。(TBSの特設サイト
国立科学博物館は、2006年のお正月以来です。お久しぶり〜♪

きのこやカビといった地味〜なテーマ、かつ平日の昼間だというのに、館内は結構な人出。
それもそのはず、この展覧会には、大人気の菌漫画「もやしもん」(祝・7巻発売!)が徹底的にフィーチャ〜されているのです!
#まんまと釣られたうちの一人 → σ( ̄▽ ̄
入場チケットにまでオリゼーが描いてあって、むちゃくちゃ可愛いっ。

◆どんな展覧会だったかというと…

※ 以下、「菌類のふしぎ」展の内容、および作者直筆の落書きのネタバレを含みます。
※ まだ見に行ってなくて、知りたくない人は見ないでくださいね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

豊洲のトナカイ◆豊洲のIHIビル恒例のクリスマスイルミネーション(?)で、ビル壁面に現れたトナカイです。
うまくできてるね。

一昨年は雪だるまでした。
昨年は、IHIが大変だったせいか(^^;やってなかった、はず。

クリスマスリースらしきものが半円になっているところを見ると、ビルの裏側に続きがあるのかな?

今日は冷たい雨が降っていたので、裏側まで確かめに行く気が起きなかったのだけど(-ω-)

豊洲のクリスマスツリー(追記)
◆ビルの裏側を見てきました。
続き絵ではなく、白いクリスマスツリーと、プレゼントの箱でした。

お仕事中の皆さん、お疲れさま。
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆人間ドックで、人生初の胃カメラを体験してきました
前から興味あって、一度やってみたかったんだよね〜。

…とはいえ、小さい頃、飲み込むのが下手で食事の時によく苦労した覚えがあるので、ちゃんと検査してもらえるだろうかと不安は残るのだ。まずは敵を知らねばと、検査の手順&上手に受けるコツをインターネットで下調べ。
すると、どうやら麻酔を良く効かせるのがポイントらしい。
呼吸は鼻からゆっくり、唾液は飲み込まない方がいいのね…(めも

◆ちなみに、カメラを鼻から入れたり、あるいは鎮静剤を使ってほとんど眠ったような状態で受ける方法もあるらしいんだけど、うちの健康保険組合の人間ドックでは別料金が発生したりして面倒なので、従来の口からの方法にしたのだ。(経鼻って、憧れるけどねぇ。鼻うがいの時って水が通る感触全然ないから、きっと楽なんだろうな)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ