◆電車はちゃんと来て、予定通りケルンに到着しました。
ケルン、大都会! オーデコロン誕生の地だけあって、駅にも香水ブランド「4711」の広告が。

station

電車で隣に座っていたお姉さんが紙袋から甘い香りのプレッツェルを取り出して食べていたのがうらやましくて、我慢できず…駅内の売店で、同じくプレッツェル。低糖質を心がけているのに〜!

bread

駅を出ると真ん前に、どどんと、ケルン大聖堂。\ よっ世界遺産!/

koln

天にそびえる黒ずんだ外壁が、威風堂々。これは…ここまで大きな建築物が作れるなんて。権力の象徴だなあ。

koln2
koln3

◆ケルン大聖堂は、中も荘厳でさらに圧倒される。

inner inner2

天井が高くて見えない。有名な「バイエルン窓」といわれるステンドグラス、聖遺物を納めた黄金の棺、床の精緻なモザイク…

inner3
inner4
inner6 inner5

当時の最高技術の結晶でしょう?こんなもの見せられたらひれ伏すわ。
神父さんたちの長い礼服がえんじに黒い縁取りで、シンプルながら大変ファッショナボゥでした。

◆ケルンの街を散策。ジャム入りの揚げパンは「ベルリーナ」と言って、この時期特有のおやつなんだって。

berlina

街にはなぜかウェイ系の若者が多数集まってて、あちこちで輪を作っては歌うわ踊るわ大騒ぎしてた。

kcity
kcity2
kcity3

◆ケルンはライン川下りの終点。さっき途中まで乗っていたKDラインの船の姿も見えます。
これから、写真右に見える高層ビルの屋上にある展望台に上りますー。

kcity4
有名なホーエンツォレルン橋を渡って、ライン川の向こう岸へ。

bridge

なぜ有名かというと、これ。お互いの名前を刻んだ愛の南京錠がぎっしり掛けられているから。南京錠の鍵は川に投げ捨てて、永遠の愛を誓うんだそうです。わぁ〜、素敵!(棒読み)

bridge2

展望台「ケルン・トライアングル・パノラマ」はエレベーター(最後少し階段あり)で行けるので、この旅で最も苦労せずに上れました。家族連れいっぱい。
ここからケルンの街が一望できます。 後ほどお世話になることになる、隣のメッセ駅も見える。アクリル板?越しなので、写り込みがあるのはそのせい。

landscape
landscape3
landscape2

◆帰りはフランクフルト直通のICEなので、混みそうだから早めにとケルン駅に行ったら、まさかの75分遅れの表示。事故でもないのに、75分って!

仕方ないのでDBナビゲーター(ドイツ鉄道公式の路線検索アプリね)で調べると、ケルン中央駅から1駅のメッセ駅を通るICEがあることが判明。そっちもだいぶ遅れたけど、なんとか乗り込んで席も確保し、うつらうつらしながら帰りました。

messe

夕飯どうしようか考えたけれど、疲れたし暗くて寒いので、中央駅の売店でヴルストのサンドを買って終了。パンが恐ろしくまっずい。

wurst

あれ、正直、こっち来て「うっまーい!!」ってなるものまだ食べてないんじゃ…?
明日はカフェに行って甘いものでも食べたいな。