◆ミュンヘン3日目は、今回唯一のオプショナルツアーに参加しました。
朝のミュンヘン中央駅、集合時間5分前に着いたら、わたしがまさかのラスト;; 皆さん真面目だ…!!

station

ここから2時間ほど、いわゆるアウトバーンを使ってミニバスで移動します。

最初の目的地がこちら、ヴィース村です。のどか〜〜〜

IMG_20161017_093716

牛や馬がのんびり草を食べている、数軒のお土産物屋さん以外に民家も見えない、正真正銘の明るい農村です。が!! ここに、大人気の世界遺産があるのですー。

IMG_20161017_091606

それがこれ。牧草地の中にぽつんと建つ、ヴィースの巡礼教会

IMG_20161017_091614

一見、普通の教会と思いきや、中に入ってみると…

Wieskirche

目を疑うようなきらびやかなロココ調の装飾!
白と金の装飾とロマンティックなパステルカラーの天井画が、朝日に照らされて、宝石のように光り輝きます。

kirche

これはねー…
ドイツでいろいろな教会を見ましたけど、これはさすがにびっくりして「うわっ」て声が出る。
天井画は、天国の門と復活したキリストを描いています。

art
art2

田んぼの真ん中にいきなり豪華な寺が立ってたら、狐か狸に化かされているって思わない?ちょうどそんな感じなんだけど。

kirche3
kirche2

とある修道士が彫ったキリスト像がやたら写実的で傷が痛そうと不評だったため、この村に住んでいた農婦がもらって保管していたんだって。そしたらそのキリスト像が涙を流すという奇跡が起き、巡礼者が訪れるようになった。そこで、数人が入れるような小さな礼拝堂を建立したものの、巡礼者たちは増える一方。そしてついに、ドミニクス・ツィンマーマンという名匠が設計したこの教会を建てるまでになったのだそうな。

そのキリスト像は、祭壇の下の方に安置されてるよ。

kirche5 kirche4

聖人の像のポージングが見事だわ。こう言ってはなんですけど、妙に艶めかしく見えませんか?
丸い(枢機卿の)帽子が聖ヒエロニムス、逆ハート型の帽子が聖アウグスティヌス。

IMG_20161017_091933
IMG_20161017_093252 IMG_20161017_093318

小さな教会だけど、ヨーロッパ随一の室内装飾と言われてるだけあって、最高に美しかった。満足したわ…!

kirche6

公共交通がバスしかなく、フュッセン駅から45分かかる上本数が少ないので(オフシーズンに入ったし)、どうも車のない人間がこことノイシュヴァンシュタイン城を1日で回るのは不可能なようで。オプショナルツアーで行けて良かった。

さあ、では、ヴィースの村を後にして、次の目的地に向かいます。