◆ミュンヘン最終日は、冷たい雨。道路もびっしゃびしゃであります。
でも、雨が前日でなくて良かったよ。この雨量では、坂道をたくさん歩かなければならないノイシュヴァンシュタイン城はそうとう辛かったはず。

ホテルをチェックアウトして、スーツケースをホテル地下の荷物室に預けたら、最後の観光に出発!

雨のレジデンツ前、マックス・ヨーゼフ広場
左の建物がレジデンツで右がバイエルン州立歌劇場。この歌劇場を建てたマクシミリアン1世の銅像があり、広場にも彼の名前が付けられています。

IMG_20161018_094145

◆例によって早すぎてレジデンツはまだ開いていなかったので(もう冬季の開館時間になってた)、正面を過ぎ、現在工事中のもう一つの入口近くにあるライオン像へ。

IMG_20161018_095421

ライオンの持っている盾を触ると、幸せになれるんだって。
観光客だけでなく、道行くミュンヘン市民が十中八九、なでたりキッスしたりしてから通り過ぎていった。愛されている。みんなが触るところが、磨かれてぴかぴかなんだ。

そういえば、プラハ城にも一部分が磨かれてぴかぴかになった像があったな…(思い出しかけてやめる)

◆大きな荷物をクロークに預けて、レジデンツの中へ。
ここは、バイエルン王ヴィッテルスバッハ家の宮殿なんです。この前行ったニンフェンブルク城は、ヴィッテルスバッハ家の夏の離宮でしたね。(復習)

最初に見るのが、貝殻で飾られたアジアふうのグロット(洞窟)宮殿。東南アジアの寺院の中に突然金色のヘルメス像が現れて、なんだか珍妙な雰囲気でした。

IMG_20161018_102129

IMG_20161018_102341

◆そして、圧倒されるアンティカリウム
ルネサンス様式の丸天井には世界最大のフレスコ画が描かれ、下部には古代ローマの彫像が並んでいます。

IMG_20161018_102758

IMG_20161018_102828

IMG_20161018_102851

アンティカリウムの説明を読んだら「アンティーク彫刻のコレクションのために造られた」って書いてあるんだけど、ってことはこの荘厳で巨大なホール、ただの展示室…ということ…??(震える)

◆他の多くの歴史的建造物と同じく、レジデンツも第二次世界大戦で損傷を受けてしまったそうです。
この礼拝堂は修復されたものの、当時の美しい壁画は失われてしまった。今はコンサートホールとして使用しているみたい。

IMG_20161018_105859

IMG_20161018_110022

◆王様たちが住んでいたエリアにもお邪魔します。
音楽室には当時のピアノ(左奥)とハープ。部屋の隅にある白い陶器は、当時の暖炉です。

IMG_20161018_110718

IMG_20161018_110738

王の寝室。この豪華さなのに、展示用であって実際は使われていなかったとか。(震える)

IMG_20161018_111853

IMG_20161018_112021

王の寝室の向こうには、鏡張りの小部屋と、そのさらに奥に赤い小部屋があります。
寝室までは、全部の部屋の両側に扉があり、通り抜けできて落ち着かないけど、この2部屋で行き止まり。自分が住むならこんなところがいいな!と妄想(城に行くと必ずやる)。

IMG_20161018_112251

IMG_20161018_112237

IMG_20161018_112111

◆住んでみたいといえば、ほかにも素敵な小部屋がいくつかあって、わたしのお気に入りは〜、
抹茶色でまとめられたこの上品な寝室と〜(手前側の左右に扉がついてて通り抜けできるのがすごく気になるけども)、

IMG_20161018_110534

シルバーブルーに金の壁紙がこじゃれてて、お茶会にちょうどよさそうなこの部屋!

IMG_20161018_105219

マクシミリアン1世の華麗な礼拝堂。青とゴールドの組み合わせといい、床のタイルといい、エキゾチックな感じがすてき。

IMG_20161018_114150

IMG_20161018_114254

IMG_20161018_114325

◆レジデンツで最後に通る、祖先画ギャラリー
ヴィッテルスバッハ家の皆さんの肖像画が飾られています。

senzo

senzo2

IMG_20161018_115701
どうも、お邪魔してまーす!

◆柿右衛門のコレクション。

IMG_20161018_104128

IMG_20161018_104107

こんなかわいい陶器も。

IMG_20161018_103921

これは、狐のピアノに合わせて婦人が歌ってる?の?

IMG_20161018_112556

IMG_20161018_112515

◆ミュンヘン観光の最後に訪れたのは、聖ミヒャエル教会

IMG_20161018_123832

ねっ、この勇ましい大天使は聖ミカエルしかいないでしょう。

IMG_20161018_124020


地下にはヴィッテルスバッハ家の墓所があって、ルートヴィヒ2世と弟オットーもここに眠っているのです。ルートヴィヒ2世の棺は、胸元に読みかけの本の装飾がされ、たくさんの花で飾られていました。

IMG_20161018_125315

ここを最後に選んだ理由はもう一つあって、わたしを家に招待してくれた親切で陽気な老夫妻の通う教会でもあるのだ。2人に出会ったときも、この教会でのミサ帰りだって言っていた。
だから、今回のドイツ旅行は、ここで2人の健康と幸せを祈って締めくくりました。

雨のミュンヘンを後にします。

IMG_20161018_125728

IMG_20161018_125813

フランクフルトやミュンヘンは、飛行機の乗り継ぎで立ち寄るところってイメージだったけれど、こうやって実際に訪れてみたらとても面白かった。ドイツには美しくてすてきな街がいっぱいでした。ありがとうドイツ!