萬葉日記

東京でひっそり暮らす独女OLの、旅行、ニチアサ、小説、アニメ、Dear Girl Storiesなどの感想やレポもどきや日々の記録です。

Category: テレビ・映画

◆dearなgirl&boyの皆さんこんばんはー。
2014年2月15日、ついに、劇場版「Dear Girl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA」が公開されましたね!おめでとうございます!(∩´∀`)∩´∀`)∩
ウォール新宿3
4/6が素人で構成されたMASOCHISTIC ONO BANDのメンバー in ウォール新宿

続きを読む

◆大好きだった「獣電戦隊キョウリュウジャー」終了が寂しくて寂しくて打ちひしがれている今日この頃ですが、新しく「烈車戦隊トッキュウジャー」が始まりましたね! キョウリュウが終わるまでは新戦隊の情報を深追いしないようにしてまして、ようやくきちんと見ました。

今回のメイン脚本は小林靖子さん。龍騎でお会いしてからずっと靖子にゃんの脚本が好きなので、今回も期待しています。
写真は先週のGロ前で係員さんが雪かきをしてくれているの図です

続きを読む

◆見てきましたよ、劇場版!「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ」!
劇場版「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ」
ゴーバスターズ、キョウリュウジャーともに見どころたっぷりで、映画としてもよくできていたので、どちらのファンにもおすすめできますね。ここしばらくの劇場版の中で一番好きかも。ほろりとさせられた、っていうよりぼろぼろ泣かされました。あれはずるいねー!!
75分間で1200円とサッと見れる作品だし、もう1回見に行っちゃおうかな( *´艸`)

以下、ネタバレありの感想です。未見の方は見ないようご注意ください!

続きを読む

◆正直、亡くなった人で商売するのかとあまり良い気持ちがしなかった「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」なのだけど、自分の習ってるダンスの先生が2人とも「最高だった、絶対また行く、ダンス好きなら絶対観とけ」と同じことを言うので観に行ったのです。

で、さっき見てきたばかりでまだぼーっとしてて、半自動書記状態なので、いつにも増して意味不明な文章になるけれどごめんなさい。

◆というか冒頭のインタビューシーンからずっと泣いてて途中から頭痛がしてくるし、終わったら半透明の半物質が口から抜けちゃったみたいに呆然として、でも頭の中にMJの曲がぐるぐる回ってる感じ。今もです。

この呆然はあれだよね。喪失感、だよなあ。たぶん。
MJが亡くなったというニュースを聞いてもいまいちピンと来なかったんだけど、
ていうか今でもまだ信じられないんだけど、本当にもういないんですか?嘘じゃないんですか?

あのステージの完成形が見せてもらえないなんて、そりゃないよマイケル…
あんなに元気に踊ってたのに、おかしいよ。
ばかばか、なんで死んじゃったんだよー、と、問いただしたい。
この映画が実は2時間のCMで、ほんとのステージはロンドンまで観に来てね!っていうオチだったとしても、笑って許すのになあ。

◆オーディションで選ばれたダンサー達が、感極まって涙ぐみながら喜びを語ったりだとか、マイケルのリハをワーキャー騒ぎながら見てただのファンに戻っちゃってる微笑ましいシーンだとか、その後の彼らのことを思うともう、悲しくてやりきれない。
マイケル本人のためにも、スタッフのためにも、せめて1回ぐらい満員の観客の前でライブやらせてあげたかったよ。

◆ちょっと冷静になってみると、この映画で、プロの仕事の真髄を見せてもらった。
問題を感じた時の冷静な指摘、最良の解決法を一緒に探るやり方。
そこにはネガティブな感情は一切なく、あるのは相手への敬意と、最高のステージを作るという強い意思のみ。皆が完全に同じ方向を目指しているのが伝わってくる。これこそが超一流のプロなのね。

ダンス好きの端くれとしては、ダンスを堪能した。
すっげーーー格好良かった!マイケルもダンサーも!!
普通に歩くのと同じぐらい自然に踊るマイケル。本気の踊りはもちろんなんだけど、首をちょっと振っただけで、手を上げただけで、もうマイケルのダンスなんだもの。骨の髄までダンサーなんだ。
で、マイケルって何歳なんでしたっけ?と思って、我が身を反省。
わたしもレッスンがんばろ。50歳なんて、まだまだだもん。死ぬまで踊り続けるよ!

◆このステージ、見てみたかった。
どんなにか素晴らしいライブだっただろうね。
とっても残念だけど、今までありがとうマイケル。どうか安らかに眠ってください。

◆会社の勉強会で仮面ライダーについてプレゼンしたら(するなw)、マニアな方がいて、まだ観てなかった作品のDVD貸してくれた。ありがとうございます。


1回はさくっと鑑賞。
おまけの副音声、長石多可男監督と東映の白倉伸一郎プロデューサーの解説もちゃんと聞きたくて、もう1回鑑賞。
白倉プロデューサーといえば、カメオ出演してるってほんと?どこにいたんだろ。

◆以下、さくさくっと、見た感想。
大したネタバレはないと思いますが、気になる人は見ないでね。

#…ていうか、直近の3エントリ、ぜんぶ仮面ライダーネタだよ…
#女の子のブログが、こんな方向性でいいのだろうか?
続きを読む

◆「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」観てきたよ!!

佐藤健君が主演じゃないって知った時、「本当の最終回の主役が、良太郎じゃないなんて…!!」とショックを受けたのだけど。
結局、初日の朝イチで行ってきちゃった(・∀・)テヘッ

入場者プレゼントのマグネットは、リュウタロスでした。
次の日に行った妹夫婦から、だぶったモモタロスをもらったので、2枚、会社のPCに貼り付けてあります♪

◆主役が違うって聞いてから、自分の頭の中では、勝手に「モモタロスたちが良太郎じゃない人間に憑いて、電王に変身して戦う話」という妄想がふくらんでおりました。
良太郎とモモタロスたちの絆はそんな弱っちいもんだったの?一年間いっしょに戦ってきたのに、そんなのアリかよ!制作スタッフに裏切られた!(TOT
と、一人で怒ってぷんすかしてたのです。
#すべてわたくしの想像であり事実とは異なります

でも…
全部、杞憂だった。
良太郎とモモタロスたちの絆、弱っちいどころか、めちゃめちゃ強いじゃん! むしろ、自分が思っていたより深いのかも…
ということを、思い知らされました。

特に、モモタロスが良太郎に寄せる信頼、というか忠犬ぶりは半端なかった。
赤い装甲の後姿に、ちぎれんばかりに振られる尻尾の幻影が見えたのは、わたしだけじゃないはず。
底なしの絶対的(もはや狂信的)な信頼に呆れつつ、嬉しくて涙が出てきました。
孫が出てきたからって、そんな簡単に壊されるような絆じゃなかったよ。
あの一年間は、誰にとっても大切な、大切な時間だったんだ。

この絆は、電王という作品への制作スタッフの愛情でもあるのかも。
大人の事情はあるにせよ、一年以上頑張ってきた作品だもん、思い入れがあるに決まってるよなぁ。
スタッフの皆さんごめんなさい。ぷんすかして悪かったです。

◆笑いあり!ちょっぴり涙あり!かっこいいアクションたっぷりあり!
いつものようにてんこ盛りな電王は、やっぱり最後まで電王だったわ。

とっても面白かったよー。ありがとう、仮面ライダー電王…!!(T^T



#以下、映画「さらば仮面ライダー電王」ネタバレあり感想(のメモ程度)です。
#未見の方は、うっかり読んでしまわないよう、ご注意ください!

続きを読む

ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版 ◆第1回に引き続き、見てしまいました。
1時間、短かったわ〜。

川藤先生は相当暑っ苦しいのに、佐藤隆太くんのキャラクタが明るいせいか、クサい台詞も押し付けがましくなくて素直に見られるのがいいですね。
先生、人の話まるで聞いてないけど。答え聞こうよw

◆今回は佐藤健くんがいっぱい映っていたので、ファン的に第一回より満足です。びっくり顔満載。
声が優しい感じなので、しゃべるたびに、可愛い不良だなあ。と微笑ましくなりつつ。
ドレッドヘアの前髪を、ラスタカラーのゴムでくくっていましたね。個人的にはヘアピンで留めてる方がスキ。キュートなんだもん♪

続きを読む

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事 [Blu-ray] ◆祝「劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」公開!

先週、ようやく観て来ましたよー。
二度目の映画も、いかにも電王らしい、ファンサービスてんこ盛りのはちゃめちゃで楽しい作品になりました。


◆これ以上ないぐらい美しいラストを迎えた本編。
それがまた映画になるなんて、いったいどうつなげるんだろう?
と思いきや、デンライナーが「デンライナー署」となり、良太郎やタロスたちがなぜか刑事として悪者を追うという、本編とはまったく関係ない設定じゃありませんか。

しかも、どうして刑事なのかという説明もまったく無いという不親切さなのに、いざ始まってスクリーンに懐かしいメンバーが登場すれば、そんなことどーでもいーじゃん!いーじゃん!ポリスメン!と思えてしまうのが凄い。
多少の無理もキャラクターの魅力でカバーしてしまえるところは、さすが電王と言わざるを得ません。

映画を観ながら、「この展開はちょっとどうなの」と思いかけ、「あ、これって子供向けなんだっけ」と思い出すこと数回。だって夜8時からの回に行ったから、大きいお友達しか周りにいなかったんだもん。

キバの存在感が少々薄くて気の毒ではありました。
例年ならこの時期はもう新ライダー一色のはずなのに、電王がこれだけ人気あると、東映やスポンサー的には複雑な気持ちなのかな〜と思ったり…

以下、映画のネタバレでーす。
続きを読む

ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版 ◆連続ドラマ苦手なのに。
2時間も(初回スペシャルだったので)。
佐藤健くん目当てで(==*
#「仮面ライダー電王」の主役やってた子

そしたら、意外と面白くて、安心しました。だって少しでもいい作品に出てもらいたいじゃない?
漫画のドラマ化って安易な気がして、個人的にあまりイメージ良くないし。
でも、生徒たちの演技もいい感じで、来週も見てもいいかなぁって思っちゃったわ。
木更津キャッツのマスターが先生役とは、時代の流れを感じるなぁ。

しかし、ドラマに出てくる不良高校生って、いい子ばっかりだよねぇw
一番のワルらしい新庄君は超ロマンティストだし、初回から、目真っ赤にして大泣きしてたぞ。
不良なはずの野球部の面々が河原でキャッキャキャッキャと水遊び始めた時は、昭和の青春かよと。そんなこと、普通の高校生でもやらない…

◆健くん、出番は少なかったけど、可愛かった〜♪
良太郎の時は役柄的にダサい服装ばかりだったので(そこがまた可愛かったんですけど)、ようやくおしゃれ(たぶん)ができてよかったねぇ。と思いました。
怪我して倒れた子のところにさっと駆けつけたり、ベッドの脇で見守っているシーンでは、「仲間思いの優しい子だねぇ(´ー`*」とか… すっかりハハの目に。
#モモタロスたちが食堂車のTVの前に座り込んでドラマを真剣に見ながらぎゃーぎゃー言ってるところを想像してしまった。ごめん、妄想です

そのうちもっと活躍してくれると信じて、しばらく見続けてみようかな〜。
ぜひ、得意のブレイクダンスも披露してほしい!

TBS「ROOKIES」公式webサイト

仮面ライダー電王 VOL.11 [DVD] ◆「仮面ライダー電王」、ついに終わってしまいました…
うーさーさんとこで「次のライダーは電車に乗ってる」と聞いた時は絶対冗談だと思ったのに、事実だと知って驚愕。
そして、いざ始まってみたら、まあ面白いこと!
空から現れるデンライナーは何度見てもかっこよくてワクワクし、イマジンは愛嬌たっぷり。

2歳半の甥っ子も、最初は電車に大喜びし、最近では、モモタロスやリュウタロスの真似ばかりして母親に怒られるほど夢中になっていました。 #見るように仕向けたのはわたしなので、甥っ子が怒られると一緒にションボリしますw
これを書いている今日も家に泊まりに来ていて、寝る前まで一緒に「いーじゃん!スゲーじゃん!」と歌ってました。
そういえば、ミルクディッパーの常連客に関してわたしは特に記憶がないのですが、甥っ子は「あいりすぁ〜ん、きょうのブレンドさいこうですぅ〜。ばいせんがちがいますねぇ〜」などと言います。お前、なんでそんな台詞を覚えるw

続きを読む

もやしもん VOL.1 通常版 [DVD] ◆愛する菌漫画『もやしもん』のアニメ放映が、フジテレビ「ノイタミナ」にて、先週から(in 関東)始まりました。

アニメ1回で、漫画2話分をやるんですね。
直保の髪が黄色なのは違和感あったけど、それ以外は特に。
声は特にこだわりないので、まぁこんなもんかな、と思いました。

◆OPで、もう目が釘付けっ。
大学の研究室や構内の片隅で、菌どもがわらわらと集って踊っています(*´д`*)
ああ、オリゼーのおさげが揺れてるよ〜。
ふわふわ飛ばされてるよ〜。かわいいよおおお

樹教授の登場シーン、無駄に迫力ありすぎw
コミックでは(誰も聞いていない)教授の語りも楽しみのひとつですが、アニメでは削られてしまうんだろうなあ。副音声ででもずっと流してくれればいいのに。

掘り返した土の中に、メジャーどころの菌オールスターズに加え、4巻でようやく登場するはずのG・エツニカタムもちゃっかりいましたねぇ。

長谷川さんが直保の力を試すシーンでは、さっそく直保と菌の交流が見れて楽しかった。
「あっ、ただやす〜!」と(実家の)A・オリゼー。
Sケンして遊ぶB・ハロデュランス。
ぬかみそ攻撃で飛んできたL・プランタルム。
空中をふわふわ漂うA・アセチ。
マイラブvL・ヨグルティは「ござるでござります」「ござるか」「ござるのう」と長い台詞(?)があって嬉しかった。菌劇場にも出てくれるといいなぁ。

しかし長谷川さん、「菌の姿が肉眼で見える」「菌を手でつかめる」という能力も凄いけれど、何より「菌に自意識がある」というところが問題なんじゃないだろうか…

本編があっという間に終わってしまい、短いなー!と思ったけれど、最後の「菌劇場」に時間を割いているせいかな?
第一回はオリゼーとP・クリソゲヌムでした。
漫画を何度も読み返している人間としては、本編よりこっちの方がずっと面白いので、今後もぜひ力を入れて作っていただきたいところ。


龍神丸◆『もやしもん』つながりで…
先日、お友達に、高垣酒造の大吟醸「龍神丸」を飲ませてもらいました♪

甘い香りがとっても華やか。
でも、飲んでみると、変に甘ったるくなくて、すっきりと飲みやすかったです。
わたしはまだ日本酒が苦手であまり飲めないのだけれど、これは重すぎず爽やかなので、ついお代わりしてしまった。

もう大人なんだし、日本酒が飲めるようになりたいとずっと思っているんだけど、なかなかきっかけがなくてね。
早く、ちゃんと味わえるようになりたいな…


◆遅ればせながら、ようやく「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観てきましたよ!

’98に最後の映画版を観てから、ほぼ10年。もう10年も経っていたのか…(゜_゜
TVシリーズは、当時勤めていた会社から「参考として見ておくように」と命令があったので(実話)、ビデオで一気に通して見ました。面白くて夢中で見たけど、例の最終回にはほんと目が点になったなぁ。

マヤちゃんや日向君(男性キャラで一番好き)が登場すると、懐かしくてうるっと来ました。相変わらずウジウジしているシンジ君にはいらっと来ましたが、改めて見るとミサトさんもかなりひどいよなぁw もうちょっと上手い乗せ方があるだろうに。
「序」は大筋は変わっていないとは言え、忘れている部分も多かったし、新鮮な気持ちで楽しめたわ。


続きを読む

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック [DVD] ◆先週の日曜、「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」を観に行ってきました!(>▽<

朝、TV版を見ていたら、衝撃の展開。もう、ハラハラさせないでよ〜!
でも、よかったぁ(;ー; ハナタレ小僧たちがいなくならなくて。
イマジンを恨んでいるはずのハナちゃん、憎まれ口を叩いてばかりいるモモタロスが、ふたりともこっそり泣いていたのがもう…泣けるでぇ!

と、その足でさくっと劇場へ。

◆映画のチケットは、金曜のうちに予約済みでした。抜かりなし!( ̄ー ̄ フフン
入場しようとすると、もぎりのお姉さんが、目の前の親子に「お子様のみの特典でーす」ってモモタロス人形を渡してた。

 何よ、大人にはくれないの?!
 わたくしだって、心はいつでもお子様よ!(=”=) ←自慢にならない

ひがみ根性丸出しでシアターへ入ってみると…

 わ〜、わたし以外みーんな親子連れだ〜♪(´∀` アハハハ

………
………orz

いいもん、お仲間は全国にいるはずだもん。マヨ負けない。
では、この後、映画のネタバレ話です。

続きを読む

◆お友達の間で大評判の映画、「キサラギ」を、ようやく観てきました。

本当は、7/1の映画の日に行こうとしたんだけど、観ようとした回がなんと満員!他の回では時間が合わず、諦めてすごすごと引き返すはめになったのだ。

この作品、最初はシネコン内の小さなシアターで上映されていたのが、先週半ばから、座席数2倍のシアターに変更された。やっぱり人気があるのね。

◆「キサラギ」は、こんなお話。

C級、いやD級のグラビアアイドル如月ミキが自殺を遂げて、早1年が経っていた。
彼女の1周忌追悼会に集まった5人の男、家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔をあわせる。ミキの思い出話に花が咲き、大いに盛り上がろうとする5人。
「彼女は、自殺なんかする人じゃない」、アイドル・如月ミキの明るいイメージから、そこにいる誰もがそう思っていた。しかし、釈然としないやるせなさがMAXに達したその時、誰かが口を開く。
「彼女は殺されたんだ...」
この発言が引き金となり、5人の男達による怒涛の推理が始まった!


5人の男優が密室で繰り広げる推理劇、というまるで演劇のようなシチュエーションに舞台好きの血が騒ぎ、ついでに眼鏡姿の小栗君にも血が騒ぎ、(先週のレポも終わっていないのに)ついつい観に行ってしまった…

◆で、感想。
面白かった!!です!!(;ー;

一度でも、手の届かないアイドルに憧れたことがあるのなら。
本当はどんな人なんだろう、普段はどんな生活をしているんだろうと想像したことがあるのなら。
そして、熱い想いをつづったファンレターを送ったことがあるのなら、きっと、かつての自分に重ね合わせて笑ったり泣いたり恥ずかしくなったりできるはず。

小気味の良い台詞の応酬。スリル。ユーモア。
5人の個性豊かな男優たちが取っ組み合って、素敵な作品に仕上がっています。
まだの方は、ぜひご覧になってみてくださいね♪

◆以下、少々ストーリーに触れるので、何も知りたくない方はここでストップ。
記事の最後に書くネタバレ部分は、その前に警告を入れますので、未見の方はそこでストップしてください。

続きを読む

↑このページのトップヘ