萬葉日記

東京でひっそり暮らす独女OLの、旅行、ニチアサ、小説、アニメ、Dear Girl Storiesなどの感想やレポもどきや日々の記録です。

Tag:ウィーン

◆今回の旅行でお世話になったホテルはこちら、ネストロイプラッツ駅から徒歩約1分のホテル・カプリ(Hotel Capri)です。
05_R
口コミを見てよさそうだったので、いくつか予約サイトの価格を見比べてからオンライン予約しました。
続きを読む

◆旅行中は、せっかくだから伝統料理を食べてみたいわけです。貧乏だし一人なのでお高いお店は行けませんけど。
というわけで、ウィーンでは、大衆食堂的なお店でこんなものを食べてました。
(現地で本当に人気のお店まで調べる余裕はなかったので、ガイドブックに載っているようなお店ばかりです)

◆ウィーンの郊外にあるグリンツィングの街にて。
IMG_2300_R
続きを読む

◆ウィーンのカフェ、ラストはこちら。一番気に入ったカフェ・モーツァルトです。
mozart_R
【ウィーンのカフェ1軒目】カフェ・ハヴェルカ
【ウィーンのカフェ2軒目】カフェ・オーバーラーアー・シュタットハウス
【ウィーンのカフェ3軒目】カフェ・ハイナー続きを読む

◆いよいよ、ウィーン観光の目玉・王宮(ホーフブルク)へ!
先に離宮の方見に行っちゃいましたが、600年以上中欧に君臨していたハプスブルク家の本丸はこっちね。

IMG_2449_R
ミヒャエル門より入城。たのもーー!

IMG_2462_RIMG_2461_R
この紋章は双頭ではなく単頭の鷲ですね。
続きを読む

◆ウィーンのカフェ最高!><
安くてのんびりできて簡単な食事もできてケーキが大きくておいしいから!><
heiner_main
というわけで、カフェ3軒目は「カフェ・ハイナー」。
K.u.K.(宮廷御用達)という老舗のケーキ屋さんです。

シュテファン大聖堂からウィーン国立歌劇場方面に伸びるにぎやかなケルントナー通り(歩行者天国)沿い。
カフェ・オーバーラーアーのすぐ近くです。
わたしはお店の2階に座りましたが、通りのテラス席もいいかもね。
続きを読む

◆ようやくドナウ川クルーズへ。 ※この記事は2013年5月6日の体験を元にしています
メルク修道院のある高台のふもとを回り込み、川岸の船着き場に向かいます。
IMG_2740_R

IMG_2743_R

IMG_2746_R

すると、同時刻に出発する2隻の遊覧船が泊まっておりました。
IMG_2745_R

IMG_2744_R
どちらでも良いらしいので、白と青の船に。ヴァッハウコンビチケットを見せて乗り込みます。

出発進行!
さようならメルク修道院…
IMG_2747_R
続きを読む

◆小さなメルクの街の一番の名所、それはメルク修道院。

IMG_2676_R

映画化もされたウンベルト・エーコ著「薔薇の名前」のモデルになった修道院だそう。
むかし読んでみたんですが、正直難しくてよく分からなかった小説です……続きを読む

◆本日の世界遺産の旅は、ドナウ川クルーズです。いざ、ヴァッハウ渓谷へ!

少し遠出になるので、あらかじめ、乗り換えなしで行ける列車の時間を調べておきました。
ウィーン西駅で、夏期に売られるという「ヴァッハウコンビチケット」を購入(記事の下の方、ウィーン西駅構内の写真の左側にあるガラス扉がチケット売り場)。往復の列車とクルーズの切符がセットになっています。
IMG_2668_R

しかし、窓口で念のため列車の出発時刻を確認してみると、「そんな便はないですよー」と言われてショック!
改めてメルク行きを調べてもらったら全然違う時間で、しかもSt. Polten駅にて乗り換えが必要だったという。聞いてよかった…
続きを読む

◆ウィーン二日目、シュテファン大聖堂の次に行ったペーター教会にて、「バロック様式教会」を初めて間近で見たのです。
peter-main_R

シュテファンスプラッツから伸びる最もにぎやかな大通り、グラーベン通りから、脇道に入ってすぐ。
ウィーンで二番目に古いというペーター教会。設立は11世紀。
どこかで見たことある?と思う外観は、ローマの聖ピエトロ寺院がモデルなのだとか。あー、言われてみればそんな感じ!続きを読む

◆ハプスブルク王家の夏の離宮・シェーンブルン宮殿にやって参りました。\よっ世界遺産!/
むかし、ヴェルサイユにのんびり出かけていったらチケット購入に恐ろしく時間を取られた…という苦い経験があるので、今回は朝イチで到着。
IMG_2339_R

地図ではウィーン中心部から少し離れているように見えたのでもっと郊外を想像していたんですが、中心部から30分ぐらいで来れちゃって少し拍子抜け。続きを読む

◆オーストリアの水道水は「アルプスのおいしい水」なので、飲んでも安全なんですって。
旅行前にふと見たTV番組で「街中に公共の水飲み場が設置されている」と聞き、ぜひ探したいと思っていたのですが、ウィーンでわたしが見つけたのは2箇所だけ。もっと探したかった!

グラーベン通りの噴水_Rミヒャエル広場の噴水_R

とはいえ、上の写真のような大手噴水の水は飲んではいけません。
(左:グラーベン通り、右:王宮ミヒャエル広場の噴水)

飲料用でない噴水には、こんな標識がついておりました。上の二つにも。
飲用禁止_R
分かりやすいね!
続きを読む

◆オーストリア出身の芸術家・フンデルトヴァッサーさんのデザインによる建築物を見に行ったのです。

hundert5_R
一つめ、その名もフンデルトヴァッサー・ハウス。
形も色もばらばらな上、てんででたらめに植物が生えまくってて、一目見たら忘れられない奇妙な建物!
続きを読む

◆個人の貧乏旅行だと、交通手段は公共交通が頼り!
なので、公共交通が発達した都会が大好きです。たとえばウィーンみたいな(゚∀゚人)
今回の旅では、地下鉄、トラム、郊外へ行く列車に乗ってみました。

IMG_2291_R

切符は、ウィーン市内なら地下鉄・トラム・バス・列車共通で、制限時間内乗り放題システム。わかりやすい。
続きを読む

◆カフェ2軒目は、「ケーキがおいしい」と噂のカフェ・オーバーラーアー・シュタットハウス!
シュテファンスプラッツ駅のすぐそば。ここは絶対に行こうと決めていたの。

IMG_2232_R
正面から撮るのをすっかり忘れてしまって…これはお店の裏側ですw

ランチ代わりのスープ。そしてケーキ。という謎の組み合わせ。続きを読む

↑このページのトップヘ