萬葉日記

東京でひっそり暮らす独女OLの、旅行、ニチアサ、小説、アニメ、Dear Girl Storiesなどの感想やレポもどきや日々の記録です。

Tag:ドイツ

◆ミュンヘン最終日は、冷たい雨。道路もびっしゃびしゃであります。
でも、雨が前日でなくて良かったよ。この雨量では、坂道をたくさん歩かなければならないノイシュヴァンシュタイン城はそうとう辛かったはず。

ホテルをチェックアウトして、スーツケースをホテル地下の荷物室に預けたら、最後の観光に出発!

雨のレジデンツ前、マックス・ヨーゼフ広場
左の建物がレジデンツで右がバイエルン州立歌劇場。この歌劇場を建てたマクシミリアン1世の銅像があり、広場にも彼の名前が付けられています。

IMG_20161018_094145

続きを読む

◆満員のバスに揺られて、7分ほど山を登ります。停留所から3分も歩かないうちに、マリエン橋に到着。小さなその橋を半ばまで行って見渡せば…

小高い山にほっそりと優美にたたずむ、白亜の城。
写真で、映像で、何度も見たことのあるあの眺めだ。

やったー、ついに来ましたよ。ノイシュヴァンシュタイン城

castle

続きを読む

◆今回の旅のハイライトは、もちろん…
夢見る王・ルートヴィヒ2世が建てた、新しい白鳥の城。ノイシュヴァンシュタイン城です!

…しかしこのノイシュヴァンシュタイン城、行くのが、わりと!めんどう!なんですよね( ´_ゝ`)ノ

IMG_20161017_135426

続きを読む

◆ミュンヘン中央駅からトラムに約20分乗り、バイエルン国王の夏の離宮・ニンフェンブルク城に到着。妖精の城、という意味なんだって。
ミュンヘンの中心地からすぐ、バスでもトラムでも来れて、個人客にもうれしい観光名所なんです。

IMG_20161016_135055

トラムを降りたら、5分ちょっと歩いてお城へ。前庭の広い池には白鳥もおりますよ。
この日は滞在中一、二を争うよいお天気で、サングラスを持ってこなかったのを後悔したくらい太陽がまぶしい。
続きを読む

◆フランクフルト中央駅からヴュルツブルク駅までは約1時間。
大きな駅です。スーツケースをコインロッカーに入れて(4時間だったかな、短時間用のロッカーがあって、1日用よりも1ユーロ安かった)観光へ。

wurzburg

続きを読む

ローテンブルク(ローテンブルク・オプ・デア・タウバー ※似たような名前の駅があるので、個人旅行の方は気を付けて!)観光、長かったですがようやくの後編です。

◆一休みしにカフェへ。テーブルのキャンドルをつけてくれまして、雰囲気ばっちりです。
柔らかめのアプフェルクーヘン、おいしかったよ。穏やかそうな看板犬がゴロゴロしていて、愛らしかったです。

apfel
続きを読む

ローテンブルク(ローテンブルク・オプ・デア・タウバー ※似たような名前の駅があるので、個人旅行の方は気を付けて!)観光の後編のつもりでいたらまた長くなったので、中編です。

街のあちらこちらで見かけるのは、名物のシュネーバルというお菓子。
sweets
続きを読む

◆フランクフルトから日帰り旅行の2日目は、ロマンティック街道にある街のひとつ、ローテンブルクへ。フランクフルト中央駅から列車を2回乗り継ぐ、片道3時間弱の旅です。

※似たような駅名があるのでご注意ください。間違えると、取り返しが付きません!
いわゆるローテンブルクの街の最寄り駅は「Rothenburg ob der Tauber(ローテンブルク・オプ・デア・タウバー)」です。


レーダー門から中に入るよ。

entrance
続きを読む

◆電車はちゃんと来て、予定通りケルンに到着しました。
ケルン、大都会! オーデコロン誕生の地だけあって、駅にも香水ブランド「4711」の広告が。

station

電車で隣に座っていたお姉さんが紙袋から甘い香りのプレッツェルを取り出して食べていたのがうらやましくて、我慢できず…駅内の売店で、同じくプレッツェル。低糖質を心がけているのに〜!

bread
続きを読む

◆リューデスハイムの船着き場から、ライン川クルーズの船に乗りました。

ship

クルーズの定期便は毎年10月末で終わってしまうので、時期的にはぎりぎり。船上って、冷風もあいまって体感温度が非常に下がるんですよね。3年前、5月に行ったドナウ川クルーズもすごく寒かったのに、それを10月中旬にやるとどうなるかって話ですよ。続きを読む

◆この日は、フランクフルト中央駅からリューデスハイムへ、そしてライン川を下ってケルンに行く予定でした。鉄道とクルーズの乗り継ぎなので、うまく行くかちょっと心配。

train
続きを読む

◆2016年10月12日(水)。初のドイツ旅行へ出発です!
自宅からはTCATが近くて、リムジンバスに乗っちゃえばあとはぼーっとしてるうちに空港まで連れて行ってくれるので愛用しています。ずっと続いてほしいから、みんな使ってね。

30分程度の余裕を持たせた便を選びましたが、バスはすいすいと羽田に向かい、定刻の直前ぐらいにターミナルに到着。逆にヒマだったわ(焦るより全然マシだけど)。
ユーロは国内で両替したほうがいいと聞いたので、レートを軽く見比べて、三井住友の窓口に。最近はわりと細かいお札も用意してくれているんですね。 続きを読む

↑このページのトップヘ