萬葉日記

東京でひっそり暮らす独女OLの、旅行、ニチアサ、小説、アニメ、Dear Girl Storiesなどの感想やレポもどきや日々の記録です。

Tag:漫画

◆先週読んだ漫画の感想。

町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス)
町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス) 

主人公は可愛らしい女子高生、ただし天狗(父)と人間(母)のハーフで、怪力かつ大食い。
昔から天狗を信仰してきた町の人からは、普通に「天狗様の一人娘」として認識されている。

父やその眷属候補たち(幼なじみの男の子含む)には早く修行して天狗になれとせっつかれるけれど、女子高生が天狗になぞなりたいわけもなく。
その上、彼女の心はクラスメートの男の子のことでいっぱいで…

ちょっとだけ変わった女の子の初々しい恋の行方や、地味だけれど楽しい学生生活が、ゆるゆるとつづられていく物語。

◆大好きな友達。すてきな男の子への憧れ。取り巻く人々のやさしさ。
素朴な絵のタッチがあたたかくて、何もかもキュートで、しあわせな世界。
読んでいると、ついつい顔がほころんでしまう。

緑濃い山のふもとで心地よい風に吹かれているようで、わたくしの荒み切った心が洗われた。
ありがとうございます。

とっても面白い漫画だよ。おすすめっ!

◆先日、世田谷文学館で展示会が開催された「ガラスの仮面」。
期間中には、公募で集められた「劇団つきかげ 第二期生」による演劇が行われ、わたしも観に行って来ました。
(参考記事:「美内すずえと『ガラスの仮面』展&劇団つきかげ公演」

この「ガラスの仮面」、今度は、なんと蜷川幸雄さんの手によって舞台化されるそうです!
2008年8月上演予定、場所は彩の国さいたま芸術劇場。
マヤちゃん、亜弓さんはオーディションで選ばれるのですって。

お友達いわく、「このオーディションをそのまま舞台にすればいいのに」

…目ウロコ!Σ(゚Д゚)

小劇団のホープからプロの女優までありとあらゆる人が応募するだろうし、それこそ「ガラスの仮面」の一場面そっくりで、面白そうだ〜。
予選も本選もさいたま芸術劇場で行われるらしいので、もし公開してもらえたら、お金払って観に行っちゃいます♪

◆今までわたしが観に行った蜷川さんの舞台は、「お気に召すまま」「ロミオとジュリエット」「KITCHEN」「恋の骨折り損」(あと、TVで「オイディプス王」アテネ公演)。
登場する俳優は男性が圧倒的に多かったので(「お気に召すまま」「恋の骨折り損」はオールメールだし(^^;)、女優が主人公の作品は初めてだなぁ。

そして、3本はシェイクスピアの古典。
残り1本は1959年に書かれたアーノルド・ウェスカーの社会派作品だったのが、今度は少女マンガなので、もう全っ然違う世界ですよね!

「音楽劇」とはっきり書かれているのも、気になるところ。
ミュージカル…では、ないのかしら。

◆すでに活躍している女優から、マヤちゃんを選ぶとすれば。
一見ふつうの女の子っぽいけれど舞台への情熱を秘めていて、大前提として演技の上手な…
…蒼井優ちゃんかな。

彼女は、シェイクスピア・シリーズ次回公演「オセロー」(8月末から稽古が始まったみたい)で主人公オセローの若き妻・デズデモーナを演じるので、蜷川作品への出演経験もばっちり。う〜ん、ハマりそう。

でも、実は、マヤちゃんより亜弓さんの方がキャスティングが難しいかも…
容姿端麗、文武両道に秀でたお嬢様で、演技の基礎やダンスを小さい頃から叩き込まれている天才女優。しかし、実は大変な努力家で、マヤをライバルとして認めつつその才能に嫉妬する一面もあるという複雑な役なのですもの。
華があって歌えるとなると、宝塚の人とか、ミュージカル系…?
対象年齢でちょうどいい人、いるかなあ。

◆と、オーディション前の段階ですでにワクワクしてしまうこの舞台、上演は来年の夏。
絶対チケット取って観に行くわ、与野本町まで!
今から待ち遠しいです…♪

世田谷文学館で開催中の「美内すずえと『ガラスの仮面』展」を見に行ってきました!
そして… 劇団つきかげの公演を観に♪( ̄m ̄*

劇団つきかげによる「作中劇公演」があることを知って、さっそく往復はがきで応募したんです。
そしたら、たまたま2名分当たって。
誰を誘おうかなぁ?ヽ(゚∀゚*)ノと思っていたら、はがきを見たハハが

ハハ 「それ、行く人決まってるの?(・ω・)」
わたし「…いや、まだだけど」
ハハ 「(・ω・)ジーッ」
わたし「………」
ハハ 「(・ω・)ジーッ」
わたし「………行く?」
ハハ 「行く!!(`・ω・´)」

…そうだった…
漫画を読まないハハが、唯一、昔から好きだと公言しているのが『ガラスの仮面』なんだった…

◆というわけで、暑い中、ふたりしててくてくと世田谷文学館へ。

ちょっとネタバレになるので、展覧会の内容は続きにて…
つきかげの公演はさらにその後で…


続きを読む

◆6/22発売の『もやしもん』第5巻(おまけ付き)、25日の月曜にようやく入手しました!

なぜ発売当日に買えなかったのかと言うと、
楽天ブックスで予約したのが、そもそもの間違いでした。
あれって、発売日当日には届かないんですね…orz
しかも、受け取り指定したファミマの店舗が自宅から離れていたこともあって、取りに行けず。
早く読みたいよう!と、一人口… 歯噛みしていました。

そして、ようやく手にできた第五巻!
あーもう、表紙の統一感の無さったら、どうしようもないなw

しかし、読むのは、家に帰ってから〜。まずはおまけチェックでしょう。
オリゼーよりご挨拶
続きを読む

◆「鉄腕!DASH」を見ていたら「世界一臭い食べ物を探せ」というコーナーが。
世界各国の、匂いのきつい発酵食品(日本でいえば、納豆、くさやなど)を食べ比べるという企画。匂いの強さの測定には専用の機械を使用、基準となる数値は納豆でした。

気になるエントリーは…
  • くさや from 日本。 ※言わずと知れた、魚の干物
  • 臭豆腐 from 台湾。 ※納豆菌と酪酸菌で発酵させた豆腐
  • ラミ・ドゥ・シャンベルタン from フランス。 ※ウォッシュタイプのチーズ
  • シュールストレミング from スウェーデン。 ※ニシンの缶詰
  • ホンオフェ from 韓国。 ※放置したエイの刺身
おぉ… これこれ。これですよ!
発酵食品、先日読んだ漫画に載っていて、めちゃめちゃ気になっていたところだったですよ!
本物が見れて嬉しいなあ。
ワクワクしながら、ブラウン管の前に体育座りしてました。
面白かった…

◆けど、ホンオフェを松岡くんとリーダーが「おいしい」「好きかも」と喜んで食べるのを見てちょっとガッカリしたのは、わたしだけ??

だって、漫画で読んだ時は、味がどうのと言う以前に喉も鼻も強烈な刺激臭にやられて使い物にならなくなる、ってぐらい凄いシロモノだったんだもん!
食べ慣れた人ならまだしも、初めての人があんな平和に食べられるものじゃないはずなのに…

もっとこう、耐えられないほどの苦痛を乗り越えられた人間だけが体験できる至福の味、みたいなものを想像していたので、そんなにやすやすとクリアされてしまっては困るのだよリーダー。

…と言っても、7時台の番組で、TOKIO悪臭に卒倒!阿鼻叫喚!地獄絵図!みたいなシーンを見せるわけにいかないものねぇ。
きっと、普通に食べられる程度の、あまりかもされてない(浅漬けの)ものを用意したに違いないわ。そう、きっとそうよ。

もやしもん 1 (1)◆シュールストレミングだって、それほど発酵が進んでいないようだったしねぇ。
#食べている時に犬がわらわら寄ってきたのにはびっくり。絶対逃げると思ったのに!
なんて知ったかぶってみる半可通のわたしが読んだ漫画とは、そうです、もちろん「もやしもん」(石川雅之)!
有名な作品らしいので、何を今さら、という向きも多いかと思いますが(^^)ゞ

漫画喫茶でふと手にとったらめちゃめちゃ気に入ったので、3巻まで揃えてしまったのだ。漫画、久しぶりに買ったよ。
もやしもん 2 (2)
なぜか「菌」が見えるという不思議体質の青年が農大に入り、浮世離れした教授や個性的すぎる先輩や菌たちと繰り広げるほのぼの(?)したキャンパスライフストーリー。
しかも、読めば菌や酒や虫に関する知識が身につくという。まぁ、あまり実生活には役立たないけど…
「動物のお医者さん」の青年コミック版みたいなもの。チョビやミケはいないけど、代わりに麹菌や乳酸菌が愛らしく暴れまくります。決め台詞は「かもすぞ」。可愛いのよぅこれが○(T^T
言動がうちのくま(のぬいぐるみたち)にそっくりなのよね!#すいません、かわいそうな子だと思って聞き流してください
もやしもん 3 (3)ちなみに、「もやし」とは日本酒を造るときの種麹のこと。主人公の実家が種麹屋、親友は造り酒屋の息子なのだ。
可愛らしいけど、ちょっとベクトルがずれれば即ホラーになりそうなくらいに黒く細かく書き込まれた作風も、なかなか面白いよ。
おすすめっ(>▽<

◆ところで、前述の発酵食品、わたしが食べたことあるのはくさや、臭豆腐のみでした。

参考記事:「士林夜市で食い倒れ(美食市場編)
台湾の屋台で食べた臭豆腐は美味かったっす。また食べたい!

…ていうか、どう考えてもそれ以上食べる機会はないだろうな。
キビヤックとか、現物を見てみたいとは思うけど、食べるのは絶対無理。植物性なら、頑張れば口に入れられるかも?と思えるけど、動物性はねぇ…(==;
度胸のないわたし、本物の美食家にはなれそうもないので、せめて納豆を毎日おいしくいただくことにするよ。ビバ納豆。

p.s.7月10日は納豆の日でした。皆さん、納豆食べましたか??

↑このページのトップヘ